2010年 10月 25日 ( 1 )

ボディーガード&アサシンズ(十月團城)

d0049221_21584580.jpg東京国際映画祭の「2010 東京・中国映画週間」のオープニング上映だった「ボディーガード・&アサシンズ(十月團城)」観てきました。ピーター・チャンがプロデュースです。
政治がらみでいろいろとありますが、ちゃんとやってくれてよかった!!
舞台挨拶では、お偉いさんやこの映画週間の監督さん陳徳森さんや出演している女優さん達がきらびやかに登場です。最後に、常盤ちゃんが花束贈呈で会場をわかせてくれました。綺麗でした~。
映画は、1906年の香港。辛亥革命前夜の孫文暗殺計画を阻止するために命がけの戦いに挑む若物達の姿を描いたものでした。
12月に香港に行った時は上映中でしたが観れず、こんな内容だとはまったく思っていませんでした。
d0049221_2221535.jpg辛亥革命は学校で習っていたものの、孫文が日本に行っていたたり香港に来てこんな出来事があったとは知りませんでした。。今の政治と同じで、デモがおきたり、自分たちの思う未来のためにこんなにも人は動くことができるんだなぁと。映画は、長い上映時間にもかかわらず引き込まれて見てしまいました。
そして、出ている俳優陣がまた香港映画ファンには嬉しい限りの、サイモン・ヤム、ドニーさん、ニコちゃん、エリック・ツァン、フー・ジュン、レオン・カーファイなどなど、出てくるたびにガヤっとなる感じで。内容はシリアスなんですが、ある意味面白かったというか。。。。。すいません。
最初は、忍者きた!!みたいなアクションだったりとか、あとは、とにかく、フー・ジュンがこえーこえー(笑)いつの間にか現れて戦って強えーの!!出てくるたび「きたーーー!!」ってつい声に出してしまっていました(^^;)眉毛ないしー。でも馬に乗って(ワン・シュエチー)さん演じるお父さんを追いかけるシーンはレッドクリフを思い出しましたー。
このワン・シュエチーさんの演技が良いです!あとは、ドニーさんの戦いシーン。相変わらずカタがかっこいい!そして強いドニーさんがゴリラに負けるなんて。。。ゴリラもこわーい。
レオン・ライもけっこうおかしかった。。。(スイマセン。。。)臭豆腐~~、バスケの選手ですかね?ニコちゃんはもちろんいい演技でした!来てほしかった~。
いろいろ書きたいとこですが、是非、GWの上映に見てください。
他の方も書いてますが、字幕が変でしたねぇ。男性がしゃべるシーンなのに女性言葉だったり、述語が抜けてたり、中国漢字だったり、??が多かったです。最後はDVD上映会!?みたいな映像出ちゃうし。
香港が舞台だったので広東語でやってほしかったですが、普通語でしたー。
ニュースにもあったように、グリーンカーペットを台湾勢が急きょ歩けなくなる事態が起こったそうで、悲しいです。政治と映画を通じて文化交流をしよう!っていうのはまた別なもので。。。いろいろあると思いますが、仲良くしてほしいです、ほんと。
[PR]
by kikopachi | 2010-10-25 22:06 | 香港・アジア映画


食べる 旅する 大好き★


by kikopachi

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お気に入り

検索

ブログジャンル