吉島住宅

高山の街巡り、最初に訪れたのは、明治40年に建築された「吉島住宅」さんです。
町家風の通りが目に見えてくると、いろいろな住宅が現れ、京都のようでした。d0049221_21251386.jpgd0049221_21252616.jpg











説明によりますと、
<昔は、造り酒屋だったため、軒下には大きな酒ばやしが吊ってあります。大黒柱を中心に、梁(横にかける材)と束(梁に垂直の短い柱)によって構成される吹き抜けは、高窓からの光線をたくみに屋内に取り入れ、柱や鏡戸の木目を美しく見せています。日下部家が男性的な建物に対し、この吉島家は建物のすみずみまで神経のゆきとどいた、繊細さと女性的な美しさのある建物といわれています。
ということです。
入ってみると、天井が高く、陽の光が差し込み、風通しも良さそうで、日本建築の素晴らしさを感じます。いろいろな所に工夫もあります。
d0049221_21255171.jpgd0049221_2126387.jpg













あと窓ガラスですが、大正初期のもので、ゆがんで見えるようになってますが、これは現在作られていないそうです。後で、古い街並みの方に行った際にもこの窓ガラスがあり、今も作れないかなぁと思う次第でした。このガラスから見える小さい庭や、広い座敷、1階は天井が高いが、2階は天井が低かったり、なんだか引きつけられる日本の住宅。d0049221_21263881.jpg
d0049221_21265456.jpg
d0049221_21273350.jpgd0049221_21275074.jpg










また、いろんなとこで見られますが、釘を使わないで建築してるという素晴らしいことこの上ない。すごいなぁ。
そして、この古い街並みを大事にしてほしいです。d0049221_21281531.jpgd0049221_21284713.jpg
[PR]
by kikopachi | 2012-10-22 21:35 | 飛騨・高山旅行 2012


食べる 旅する 大好き★


by kikopachi

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入り

検索

ブログジャンル