カテゴリ:宮島・萩・津和野 2008( 10 )

小京都 津和野

神社を後にして、昼飯は「手打蕎麦おは良」さんへ、割り子蕎麦を食べに。出雲でも割り子食べたけど同じかなぁ。具が違うかな。そしてお稲荷さんも食べました!
d0049221_2139350.jpg
そして、津d0049221_2140168.jpg和野散策。一番有名な本町通り。武家屋敷のなごりあり、こちらも、なまこ壁の土蔵や連子格子に赤茶色の石州瓦をのせた町家の家並みです。津和野川には大きい鯉が泳いでいます。
通りには薬屋、酒屋と昔ながらの店もあれば、町屋を改装してかわいいカフェや雑貨屋さんなんかもあったりします。そうそう、有名な源氏巻き屋さんもあって購入しましたー。美味しい。
津和野と言えば、森鴎外さん誕生の地だそーですが、私たちあまり興味なく...。そして津和野もちと寂しかったかなぁ。(寒かったのもあるけど)
一昔前は修学旅行の定番だったそーですが、今は変わってしまったそーです。
萩も津和野もいい所なのでもっと盛り上げて行ってほしいなぁと思いました。
d0049221_21402922.jpg

[PR]
by kikopachi | 2008-11-24 21:41 | 宮島・萩・津和野 2008

太皷谷稲成神社

さぶっい(><)。一気に冷え込み、真冬並み。
レンタカーを借りて、青海島にでも行こうと思ったがこの寒さで日本海は辛すぎるっ!!予定を変更して、津和野方面に行くことにしました。その前に寄った「萩 シーマート」で大量にお土産購入(^^)お魚が新鮮で安い!アオリイカなんて新鮮すぎてーー持ち帰りたかった~。
山陰の小京都こと津和野までは1時間ちょっと。ちょっと山越えなんですが、気温が3度とかに!!途中でなんか窓に当たるなーと思ったら、なんと雪でした~。山口で初雪です。(島根か)
最初に、日本五大稲荷のひとつに数えられている「太皷谷稲成神社」へ。全国の稲荷神社の中でも、「稲が成る」と表記するのは珍しく、大願成就の祈りが込められています。商売繁盛、開運厄除の神として信仰を集めておるそーです。
参拝の前には、稲荷らしく「あげ」をお供えものとして買います。d0049221_21222284.jpgd0049221_21224052.jpg









御祭神には、出雲大社のような大きなしめ縄がありました!
正月には毎年数十万人の参拝客が押し寄せるそうです。こちらは、クルマでも登れますが、徒歩で登る参道は、朱塗りの鳥居がまるでトンネルのように続き壮観です。私たちも下ってみました。
d0049221_21261380.jpg
そしてまた紅葉が美しいのですねぇ。
d0049221_21262811.jpgd0049221_21264159.jpg
[PR]
by kikopachi | 2008-11-24 21:27 | 宮島・萩・津和野 2008

日本海はお魚でしょー

d0049221_2175568.jpgジーミソ過ぎたら魚っしょ!(DAIGO風に)
萩の晩御飯はどこいこかしら♪寒くて、ちっと寂しい商店街ですが「十八番」という海鮮居酒屋さんがありましたので入りました。やっぱりお外には人がいないのに(また失礼)こちらのお店は満員でしたよー。人気店のよーです。
カウンターとお座敷の小じんまりしたお店です。私たちはカウンターです。焼酎や梅酒、日本酒も充実のラインナッップ。水槽には魚が泳いでいました。こちらを開業した亡き息子さんが釣りが好きだったようで彼が釣った魚の写真などが飾られていました。
そして、メニューも良い感じ。とりあえずお刺身盛り合わせですよね!イカやら貝やら新鮮です。白身のお魚もコリコリしてて、旨い!萩らしくスダチ(だいだい?)も添えてあります。これは日本酒で一杯って感じですよーー。ひらめの骨のから揚げなんて、塩がきいててバリバリ美味しいこと~。酒がすすむメニューが満載です。〆にお握りも食べましたー。d0049221_2181262.jpg
d0049221_2182268.jpg








お店の方もいい方達です。また萩に来たら寄りたいお店でした!
[PR]
by kikopachi | 2008-11-24 21:09 | 宮島・萩・津和野 2008

幕末へ思いを 萩

d0049221_20432670.jpg念願だった萩。萩と言えば、毛利輝元が慶長9年(1604)に萩の地に築城・開府。また、明治維新胎動の地として、吉田松陰をはじめ高杉晋作、伊藤博文など多くの逸材を輩出した地でもあります。長州藩です!今の政治家も山口出身者が多いのは、長州藩の血筋が多いからではと思います。
幕末大好きMっ子ちゃんと私は、マルっとバス¥100に乗って幕末を巡る旅です。
最初は、松陰神社。吉田松陰を祀って建てられた神社です。この方がいなかったら、明治維新なんてなかったんじゃないでしょーか。多くの門下生が松陰先生の元で学び思想を受けついていきました。神社の中には、松陰先生の叔父である玉木文之進が自邸にて開設し、松陰が主催した松下村塾だった納屋があり、8畳の狭い場所で多くの生徒が学んだんだなぁと関心です。あとには増築しております。部屋の中には生徒の写真が飾ってあって、幕末の有名人多数です!!ここから、維新に続く道が始まったのね~。晋作もそのうちの一人ですよ。萩の人は「松陰先生」と今でも言ってるそーです。私も!d0049221_20435311.jpgd0049221_2044288.jpg









近くには伊藤博文の旧邸や銅像もありました。みんな近所だったのね。この銅像、なんと顔の部分は萩焼だそーです(笑)
d0049221_20451282.jpg
その後は、萩城下町に行ってきました。今でも江戸の町並みが残っています。日本の道100選にも選ばれた菊屋横町には、高杉晋作の家や田中義一の家があります。武家屋敷が建ち並んでたこの街並み。なまこの壁の上からは夏ミカンが見えています。
d0049221_2051644.jpg
晋作の家には、晋作の遺品などもあり、妻に宛てた手紙やらが残っていました。「おもしろき こともなき世を おもしろく」晋作の辞世です。今と違って幕末の人達は国を変えたい!という燃えたぎるような思いでいっぱいだったんでしょうね。これから変わる!って気持ち。今はないのかな。
晋作、あとちょっと生きていれば、大政奉還だったのになぁ。晋作の目にはどう映ったでしょう。d0049221_2046253.jpgd0049221_20461963.jpg









晋作の家を出てまっすぐ行くと、「菊谷家住宅」があります。とにかく大きい商家で、金持ちだったんだろーってわかります!今でいう商社だそーです。ほんと立派で広くて、電話もありました!!伊藤博文がイギリスから買ってきたという時計もまだネジを回してて動いてます。お庭も広くてきれいで、このまま需要文化財として保存していってほしいものです。桂小五郎の旧家もご近所です。
d0049221_20464098.jpgd0049221_20464921.jpg










また「世に棲む日日」を読むべし。
[PR]
by kikopachi | 2008-11-24 20:57 | 宮島・萩・津和野 2008

うどんのどんどん

萩は素泊まりでしたので、到着した昼飯と翌日の朝飯はうどんでした。萩でうどんと言えば「どんどん」です。
もちろんお決まりの、早い・安い・旨いです★
外には人が歩いてないのに、どんどんには人がいっぱいです。(失礼か)昼は「肉うどん」を注文。食券制度です。ネギは嬉しい盛り放題!うどんの汁は関西とままた違って甘い汁です。九州に住んでたこともあるので、これも懐かしい感じがしましたー。これで¥440。肉天うどんはMっ子ちゃんが頼みましたが、肉+エビ天ですよーー!すげぇ。d0049221_2072420.jpg
d0049221_2073146.jpg








で、次の朝はもっと嬉しいモーニング。かやくモーニングを頼むと、カケうどんと梅干しお握りついて確か¥360だったかな。安い。学割メニューなんかもあって嬉しい限りですね。(学生じゃないけどさ)
[PR]
by kikopachi | 2008-11-24 20:22 | 宮島・萩・津和野 2008

広島から萩へ

d0049221_19462017.jpg広島を後にして、高速バスで萩へ行きます!バスセンターからは惜しまれつつさよならした広島球場が見えますというか隣です。
萩までは4次時間ちょっとです。ゆっくり寝ながら.....。
昼頃萩に到着。天気は曇り。降りるとなんだか寂れた感じが....。とりあえず宿まで歩いていくことに。途中に「魚ロッケ」という文字を発見して寄ると、ちくわなどの関西方面で言うところの天ぷらが売ってました。魚ろっけとはさつま揚げを揚げたもので、これが美味しかった!
d0049221_19471358.jpg

食べ歩きしながら歩いて行くと、私たちが今晩泊まる宿「芳和荘」さんに到着。
こちらの宿、築100年くらいですかね、元遊郭という宿になっております。d0049221_19473039.jpgd0049221_19475714.jpg









中に入ると素敵な中庭があります。とってもレトロなんですが、部屋には萩の地名がついています。階段もお部屋もなんとも味あって懐かしい感じ。なんと言っても、こちらのご主人がとても温かかく、とても気持ちのよい気配りをしてくださいました。お湯やお風呂の湯加減などなど。
d0049221_19482135.jpgd0049221_19484112.jpg








ちょうどこの日から、急激に寒くなったので石油ストーブが用意されてました。日本家屋って寒いんだよね。私たち以外もうひと組しかいなかったので、お風呂も貸切状態でした。ベストシーズンに来ればもっと賑わってるのかな?
建物が老朽化してるので、萩を盛り上げてこの宿を残して行ってほしいです。
[PR]
by kikopachi | 2008-11-24 19:52 | 宮島・萩・津和野 2008

本場 広島焼き

d0049221_19274868.jpg広島の晩飯は、もちろん広島焼きです★いろいろ調べて、人気店の「八昌」に決めました!薬研堀にあります。路面電車を降りて10分くらい歩くのですが、いかがわしい通りなのでこんな所にあるんかいな、と思います。そして目印のところを曲がるとすっごい行列が!!普段だったら絶対並ばないくらい、2時間待つんじゃないの?って感じでした。でも来たし時間も時間だから並びましたよ。地元客と観光客が半々くらいかしらねー。
待つこと40分くらいでしたか。思ったより早く中に入れました。回転寿司のよーに囲みカンター、その前には鉄板です。作るのに20分ほどかかるそーです。若い店員さんが、休む暇もなくお好み焼きを作っております。私は一番人気の「そば肉玉」¥787。Mっ子ちゃんは「うどん肉玉」です。そしてビールともちろん牡蠣焼きも頼みました!東京みたいに何個が頼んでみんなでシェアして食べるって感じでもないかなぁと思いました。みんな一人1個食ってるし。
ほんとに店員さん手際が良い!そして、卵はなんと双子卵~。どーやって双子ってわかるのかしたー。
d0049221_19281078.jpgd0049221_19282773.jpg








でてきた広島焼は、ソバがかりかり中はふっくら、キャベツは甘く、とーっても美味しいです。うどんバージョンも旨いけど、ここソバのが良いねという話になりました。東京っ子としてはオタフクソースの甘さがあとから飽きてくるのがなんでしたけど、かなり旨いです。と言っても広島焼きを本場で食べるの初めてなんですけどね!!牡蠣バターももちろんジュシーでうまうまです。あとは広島名物なんですか?スジポン食べてる人いっぱいでした。煮込みもあります。d0049221_19285483.jpg
d0049221_1929415.jpg








お客さんひっきりなし、食ったら出る、会計は自己申告。そして安いねぇ。思ったほど服に匂いもつかず良かったです。
ホテルに帰ると、ファブリーズが置いてあり、広島ならでは?と思いました(笑)
[PR]
by kikopachi | 2008-11-24 19:30 | 宮島・萩・津和野 2008

宮島散策

厳島神社を後にして、てくてく散歩です。宮島には寺がけっこうあって10以上でしょうか。ちょうど紅葉がきれいで、坂道にもきれいな赤が映えてます。上って行くと「大聖院」さんがありました。立派な門の前も紅葉がこれまた綺麗です。d0049221_18581753.jpgd0049221_18583472.jpg









階段から下をのぞくと五百羅漢庭園がありました。いっぱいいるぞー。
秀吉が何度か歌会を開いたと言われてるので、庭もとてもきれいです。
観音堂はチベット密教の僧によって制作された砂曼荼羅があり、あのダライ・ラマさんが訪れた時の写真がありました!ありがたや。本殿からは魔尼殿が見え、こちらもきれいです。癒される赤。歩いて行くと、スリランカの涅槃像がいたりして、日本の仏教意外とも深いかかわりがあるのだと思いました。d0049221_18592080.jpgd0049221_18595199.jpg









紅葉の絨毯や、葉っぱの色が心も癒してくれます。
四季って素晴らしい★
d0049221_1901081.jpgd0049221_191313.jpg
d0049221_1921185.jpgd0049221_1942430.jpg








d0049221_1962451.jpg寺はけっこう広くて、見てまわってたら夕方になってしまいました。もっとお寺を見たかったので宮島一泊でも良かったかなぁなんて思いました。
もみじ饅頭屋さんや、酒屋さんでしょうか。「酒」の看板がとってもかわいい。
こちら夜もライトアップがされてデートにもいいと思いましたー。
[PR]
by kikopachi | 2008-11-24 19:15 | 宮島・萩・津和野 2008

秋の旅~ 世界遺産の厳島神社へ

あっという間に広島に到着。市内へはバスで60分です。
一旦、ホテルに荷物を置き、ゆっくり旅ということで路面電車で宮島入口まで行きました。のんびりです。電車からは負の遺産「原爆ドーム」がみえました。修学旅行で来た以来です。こんなに小さかったっけ。あの当時はすごく大きく見えたのになぁ。二度と繰り返してはいけないです。負の遺産なんていりません。d0049221_1725366.jpgd0049221_17251782.jpg









d0049221_17254873.jpg路面電車に揺られて40分くらいかしら。宮島入口に到着。観光客でいっぱいです!そこから宮島までは船に乗って10分です。その前に、まず腹ごしらえ(^^)宮島と言えば「穴子!!」だそーです。ここで有名なお店「あなごめし うえの」さんです。創業明治34年です。当時は宮島駅の駅弁だったそーです。中では食べれなかったのでお弁当を買ってお外で食べましたよ。当時からのタレを継ぎ足してアナゴを漬けてるんでしょーね。穴子は柔らかい上に、たくさん入ってる!タレもしっかりしみ込んでて、しっかり完食しました!d0049221_1726619.jpgd0049221_17262048.jpg









腹もいっぱいになり、船に乗って宮島へ。風もおだやかで遠くに鳥居が見えます。着くとさっそく鹿注意の張り紙が。かなりでかい顔して歩いてるらしいと聞いていたが、その通りでしたわよ。d0049221_1740054.jpg宮島は太古から島そのものが神とあがめられてきたそーです。厳島神社に関しては聡建は、推古天皇元年(593年)、佐伯鞍職によると伝えられます。平安時代後期の仁安3年(1168年)には、佐伯景弘が厳島神社を崇敬した平清盛の援助を得て、今日のような廻廊で結ばれた海上社殿を造営。本殿以下37棟の本宮(内宮)と、対岸の地御前に19棟の外宮が設けられ、全て完成するまでに数年が費やされたといわれます。社運は平家一門の権勢が増大していくにつれ高まり、その名を世に広く知られるようになりました。(HPより)こんな昔からあるなんて、ありがたい!しかも清盛が歩いてたと思うと...。d0049221_17291484.jpgd0049221_17422821.jpg









入口はすごい人です。朱色に塗られた柱は木でできているので、腐敗が気になるけどよくもってるよなぁ。ちょうど行った時は干潮時で鹿があるけるくらいです。わかめもどっさり。
でも発想がすごいと思う。あの大鳥居が海の中にあって、そこが入口なわけでしょ(神の)すごいわ。もちろん重要文化財です。
本殿に平舞台、高舞台があり、国内で唯一海の上に建つ能舞台は必見です。d0049221_17453694.jpg
d0049221_17443036.jpg
反橋は、かつては重要な祭事の際、勅使がこの橋を渡って本社内に入ったことから別名・勅使橋(ちょくしばし)とも呼ばれましたが、現在の橋は、弘治3年(1557年)に毛利元就・隆元父子によって再建されたものだそうです。朱色がきれいな廻廊は、床板の間に目透しという隙間があります。これは高潮の時に下から押しあがってくる海水の圧力を弱め、海水や雨水を海へ流す役目を果たしているそうです。なるほど。何度か台風や災害になってるだろーにね。知恵ですね。d0049221_173311.jpgd0049221_17331858.jpg









干潮だったので、下に降りてみました。横から見る鳥居もなかなか素敵。潮干狩りもできそーです。(船の中にアサリを持ち込むなと張り紙がありました(笑))
d0049221_1735874.jpgd0049221_1736191.jpg











さすが世界遺産。なんだかありがたい気持ちになりましたぞ。
[PR]
by kikopachi | 2008-11-24 17:47 | 宮島・萩・津和野 2008

秋の旅~ 世界遺産の厳島神社へ その前に...。

d0049221_16563277.jpg思い立ったら吉日のぼんすけ。秋の旅行!!やっぱり、幕末の萩だよねーーーってことで、宮島も含めて行ってまいりました!
当日、羽田につき出発のゲートに向かうと....。おや?おっ!!今、大行列の「ねんりんや」発見!!しかも激すきーーー、チャーーンス。そりゃそーだよね。だってANA側で奥の方までこないとお店に来れませんもの。もちろん旅する人だけです。
なんとこのお店、バームクーヘンカフェ付きです。どれどれとみると、バームクーヘンサンドイッチなるものがありました。
■カツサンドイッチ(アジアン風)/ (カツサンド2個、タマゴサンド1個)■ミックスサンドイッチ(3個入)/ (エビ&アボカド、パストラミ、ベーコンエッグ各1個)です。悩んだすえ、アジアン風にしてみました。いったいどんなお味なんでしょーか?お楽しみは飛行機の中で。もちろんお持ち帰りでバームクーヘンを購入。以前、やわらか芽をいただき食べたので、しっかり芽を購入しました。しかも羽田空港限定のホール¥1300です!d0049221_16592441.jpgd0049221_16593586.jpg









わっくわっく。これは東京に帰って食べましたが、しっかりしてて(笑)うまかった!外はカリッと中はふわっと、そして甘くて、旨い旨い★
そして....。空の上でサンドをほおばりました。こちらですが。うんとですね。結論は甘いバームクーヘンの間にはカツや卵やら挟まない方がよろしいです!!そのままで食うのがBESTってやつですよん♪d0049221_170142.jpgd0049221_1702824.jpg
[PR]
by kikopachi | 2008-11-24 17:02 | 宮島・萩・津和野 2008


食べる 旅する 大好き★


by kikopachi

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入り

検索

ブログジャンル