カテゴリ:出雲旅行 2008( 6 )

世界遺産~石見銀山~

2007年7月に世界遺産に登録されたばっかりの「石見銀山」。戦国時代から江戸中期にかけて日本最大の銀山として栄えたところです。戦国時時代の地図にも載ってるほど有名なところだった場所。一体どーんなとこなんでしょー。
マイカーでの入場はできないため、駐車場からバスでの移動になりおます。もっと山奥にあるかと思ったけど以外とそーでもありませんでした。
時間もなかったので、唯一公開されてる間歩(山)「龍源寺間歩」に行きました。この日はガケ崩れのせいで途中から徒歩になりました。歩いていると、個人が掘ったであろー(600以上の間歩があるそうです)間歩が小さいのから大きいのまで、よくこんなとこに掘ったなーというのがたくさんありました。みんな危険と隣合わせだったのね。
d0049221_15535274.jpg

1715年から1943年まで使われてきた坑道。全長約600m。この内の156mが見学できます。一方通行です。こんな穴を人力で掘ってたなて...。昔の人ってすごい。そして以外と暗いとこ苦手のぼんすけ。まだここはいいけど、もっと細っそい穴があったりするのだけど、狭いし気が狂うよ~。ここで働く人は30歳まで生きられればお祝いをしたそーです。それだけ危険だったんですね。意外と技術も進んでて、シルバーラッシュの夢を見てたんですね。
ここを出て大森の町並みを歩きました。銀山を管轄する行政が置かれた街で、武家屋敷や商家などが立ち並び、昔の佇まいを感じます。そこを使ってオシャレなカフェやお店をやってるところも多いです。
d0049221_15541582.jpg
未だに住んでる方はいまして、小学校もあります。16名の生徒がいるそーです。もちろんボロボロに壊れた家も沢山でした。正月に雪が降ったせいかとこどどころ雪の跡もありましたね。
d0049221_15562117.jpg

なんだか、ちょっとだけタイムトリップしたような感じですかね。
d0049221_1554261.jpg

世界遺産に登録されて、この風景をずっと保っていってほしいものです。
[PR]
by kikopachi | 2008-01-14 15:53 | 出雲旅行 2008

ゲゲゲの鬼太郎に会いに

鳥取まで車でも近い。鳥取県境港町は「ゲゲゲの鬼太郎」の著者、水木しげるさんの出身地。そこには、120体のブロンズ妖怪像が並ぶ水木しげるロードや、ショップ、水木しげる館などがある、鬼太郎の街です!
私も小さい時は怖い物見たさで見てたっけ。今は、太陽が鬼太郎を見てるのですっかり一緒に見てる私。妖怪もだいぶ知ってます。水木しげる館にまず行きました。水木さんの生い立ち、妖怪の展示、入り口には水木さんとネズミ男がお迎えです。水木先生はのんびりした性格で、20代の頃に戦争でラバウル島に行き、左手を失いました。そこで現地人の方を仲良くなり(性格なんだろーな)そこにとどまろうとも考えたそうです。そして、そのラバウル島でなんと「ぬり壁」に遭遇したそうです!!水木さんが妖怪のお話を書くようになった経緯もわかりますよ。小さい時に世話してくれた、のんのんばあさんの影響だそーです。絵も小さい時から上手だったみたいです。片腕で漫画を描き続けるなんてすごいなーー。
私のお気に入り妖怪は「べとべとさん」です。夜道に現れます。(太陽と本読んで覚えた~)その展示もありました!かわいい。ここは芸能人も多く訪れてるみたいです。サインがいっぱい。年甲斐もなく、浮かれて鬼太郎と記念写真★背比べです。
d0049221_15361227.jpg

水木しげるロードには、ブロンズ像がいっぱい。ショップには妖怪マンジュウやグッズが売っててついつい買ってしまいます。街の活性化にもなってるなー。
妖怪神社では目玉オヤジがいたー。またまた撮影(笑)
d0049221_153622100.jpg

目玉オヤジがどーやって今の姿になったかも、ここの館に来ればわかりますよ!太陽も連れてきたいけど、ちょっと遠いかなぁ。。
[PR]
by kikopachi | 2008-01-14 15:27 | 出雲旅行 2008

朝焼け

朝起きたら、宍道湖から朝日が昇ってきました。まぶしい~。宍道湖の周りをお散歩、マラソンする人がいっぱいいました。キレイだわ。(窓越しの撮影)
d0049221_15243456.jpg

[PR]
by kikopachi | 2008-01-14 15:24 | 出雲旅行 2008

宍道湖のご飯

出雲旅行。泊まったホテルは宍道湖の近く。宍道湖温泉も出てなかなか良い所でした。朝風呂なんて貸切状態。贅沢ですねぇ。でもコンビにとかが近くになくて不便だったかも。
宍道湖といえば、シジミが有名だそーです。人物だと、小泉八雲さんも。
郷土料理を食べに行こうと夜ご飯の探索に出たのですが、お店ないよ~。お正月明けってのも重なってるのか、何だか。京橋という所一体が栄えてるよーです。松江城を望む城下町です。よーやく、お魚系のお店を発見して入りました。
何が有名だかわからないけど、おでんが美味しそう★広島が近いせいか、広島産牡蠣の文字発見!おでん種では珍しいんじゃない~。あとネギ袋(油揚げにネギたっぷり)玉子など~。出汁がしみてておいしいねぇ。これね、日本酒と合うから、島根のお酒を頂戴しました。牡蠣はぷりぷりしてました。ちなみに私の好きなおでん種は「大根」「こんにゃく」です。
d0049221_15211348.jpg
そしてお刺身。新鮮でした、とっても。手前の白魚がでっかくなった魚はなんだろか?こりこりしてて美味しかったけど。
d0049221_15212492.jpg
そして、しつこいけど牡蠣フライ~。普通でした~(笑)
d0049221_15213585.jpg
お酒も堪能して宿で飲みなおし。あっ、しじみ汁頼むの忘れたねー(^^)
[PR]
by kikopachi | 2008-01-14 15:23 | 出雲旅行 2008

出雲そば

出雲って何が名産??
まったく無知で行った私達。ガイドブックを見ると「出雲そば」が有名だとか★
出雲大社の近くに何軒もそば屋があるので、腹ぺこの私達はガイドブックにも載ってる「かねや」さんに行きました。2時も過ぎてるのに並んでいました。
d0049221_13421326.jpg

「出雲そば」は食べ方に特徴があります。かねやの三色そば3段は、割子・玉子・トロロの3段。薬味は最初から乗せられています。どの店も通常一人前3段だそーです。
食べ方はツユを上からかけて食べます。3段重ねたままかけて、余りのツユを2段目にかける。空の割子は下に重ねます。また最後の余りのツユを3段目にかけて終りです。
d0049221_13422885.jpg
ぼんすけ、生卵が苦手だけど食べてみた。でもやっぱりダメで1段目のツユは2段目に入れられませんでした空(> <)
麺は歯ごたえがあって香りもよく黒いです。太めです。美味しかったなぁ。ダシもいい味でした。しかし、足りない(笑)小食、K子さえ足りないと言っていました。また後で何か食べよーっと。蕎麦湯はトロットロで最後まで美味しく飲めました。
他にも普通のお蕎麦のメニューあります。
店内には芸能人のサインがいっぱいで、出雲にも来るんだなーって思いました。竹内まりあのもあったし。
[PR]
by kikopachi | 2008-01-13 13:41 | 出雲旅行 2008

縁結びの神様 出雲大社へ

鳥取・島根。今までこの県に行こうなんて思ったことなかったけど(県民の皆様スイマセン)、独身ぼんすけ、これまた独身K子と縁結びに行こう!ってことになり、やっぱりスピリチュアルな場所、出雲が良いのではってことで飛行機でひとッ飛びです★
出雲大社は大国主命が天照大神に出雲の国を譲った際、見返りとして建てられた古社。結婚式場としても有名みたいです。そして、周りの話で、ものすごい良縁に恵まれた話を沢山聞くのでした~。そうそう、因幡の白兎の話でも有名ですよね。→けっこう残酷な話だけども。
正門は、いたって普通。露店が出てるのがちっとな。
d0049221_13294614.jpg
どんどん進むと大国主大神のエピソード、因幡の白兎の場面のご慈愛の御神像がありました。うさ子、かわいい。
d0049221_1329477.jpg
さらに進み、手水舎で手を清めると拝殿があります。K子が友達に聞いたとこによると、女子二人で参ると、神様がやきもちを焼いてどちらかが不幸になるみたいです。それを信じて二人別々にお参りすることに(笑)そ知らぬふり~。正面にはふっとい、ぶっとい、注連縄がかかっています。圧倒~。ここで神様に感謝しつつ礼拝をすませます。叶うといいなー。
d0049221_13292945.jpg
そして、お守りを買い、おみくじ引きました!なんと、ぼんすけはとってもいいことばっかり書いていたし、引いたのが「第1番」でした!!
そして、御本殿にも行きます。日本最古の神社建築様式です。迫力ですよ。裏の道も行くと、これまった古い神社があり、歴史を感じました。
そして、また歩いていくと、「神楽殿」があります。ここにも日本最大級の神連縄があり、この先にコインを投げ上、差し入ればご利益があるとか。頑張って入れてる人いっぱい~。ぼんすけ、入りませんでしたー。
d0049221_1330455.jpg

二人ともいいご縁があるように、祈った一日でした!
他の場所にも出雲大社ゆかりの神社が沢山ありますよ。
[PR]
by kikopachi | 2008-01-13 13:26 | 出雲旅行 2008


食べる 旅する 大好き★


by kikopachi

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入り

検索

ブログジャンル